インデラルの効果|インデラルは緊張緩和に効果的!あがり症をうまく抑えましょう

インデラルの効果

手帳と薬

インデラルは本来あがり症の薬ではなく、循環器系の病気を治療するために開発された医薬品なのです。
インデラルの中に含まれるプロプラノロールという成分がβ受容体を遮断することでノルアドレナリンとの結合を抑制し、血圧の上昇を抑えたり心拍数を低下させることによって高血圧や狭心症、不整脈や偏頭痛などを治療したり症状を予防する事が出来るのです。
そして、このインデラルという薬は非常に強力な薬のため、同時に服用しても問題ない薬や服用してはいけない症状などがあるのです。

まず、喘息を患っている場合はインデラルの服用は厳禁と言われています、理由としては喘息の場合β受容体を抑制するのではなく、刺激して活発に動かさなければ症状が改善されないためです。
抑制してしまったら症状が悪化したり、場合によっては命に関わる可能性があるのです。
また、他の偏頭痛の薬や痛み止め、糖尿病の薬などを服用している際は専門医に相談を行ったうえで使用しても大丈夫なのかを判断する必要があるため、もし今何か別の薬を使用しているのなら、一度医師に相談をしたうえで、同時に服用しても問題ないかを判断してもらう必要があります。
自己判断で服用した結果、緊張はしなくなったけれども後々もっと危険なことに……となってしまっては、せっかく話せるようになっても意味がないですよね。
なのできちんと医師に相談を行い、服用しても大丈夫かを確認したうえで適切に使用するようにしましょう!